女性に安心 の看護留学、ワーキングホリデー【オーストラリア女性留学専門:アクティブウーマン】

  • ホーム
  • 無料サポート
  • 留学初期費用
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • 留学申し込み手順

看護留学 看護師・助産師のための海外留学サポート。オーストラリアの看護留学ならお任せください。


お名前
E-Mail


看護留学とは?

オーストラリアで英語と医療を学ぶ!ナースにおすすめ看護留学

看護留学とは?


弊社がご手配する看護留学は、オーストラリアのメルボルンにあるメルボルンランゲージセンター開催の看護コースです。

まず外国人の方としっかりコミュニケーションを取れ、英語の読み書きができ、くずれることがない、しっかりした英語力をつけることを目指します。 その後に、英語力を高めアシスタントナース、看護師資格修得や 海外医療看護師として活躍することにも繋がります。

看護留学の目的は大きく分かれて4つ1.医療英語を学びたい2.海外の病院見学をしたい3.海外の看護資格を取得したい4.ワーキングホリデーに行くなら看護のキャリアに関連のあることがしたい
私たちは、メルボルンランゲージセンター校が開講しています 英語プラス看護教育プログラムをご手配しています。
1994年より開講を続けている人気のプログラムです。

このプログラムでは、英語力を向上させる英語コースを学びながら、 連携して看護教育プログラムを受講します。
基本となる英語コースを毎日学んでいきながら、 現地医療機関の視察から始まり、各種専門分野の講義、現役看護師からの 医療英語レッスンを週1回のペースで受講していきます。

英語コースでは、初級から「一般英語コース」を受講し、 英語力の伸び具合に合わせてIELTS対策コース、進学準備英語コース、 OET準備対策コースへ進級していくことができます。

看護プログラムについて


*12週を1ブロックとして合計3ブロック(36週間)を 受講していきます。毎週2時間ほどかけて現地の病院の訪問、医療/福祉施設、 オーストラリアの医療制度とオーストラリアでの看護実践に 関する講義などが含まれます。
後半には、現役看護師による医療英語レッスンも含まれます。

看護プログラムについて 看護プログラムについて
視察行う医療および福祉関連機関には、急性期病院、緩和ケア施設、子供病院、公立病院産科病棟、高齢者ケア施設、リハビリテーションセンター、メンタルヘルスサポートセンターなどがあります。 講義のトピックは、栄養医学療法、院内危機管理、アロマセラピーとマッサージ、看護師の役割と労働条件、HIV/AIDSなど多岐に渡ります。

<看護プログラムの目的>


・オーストラリアの看護実践について理解を深める。
・オーストラリアの医療制度についての理解を深める
・現在の看護実践と高度な医学用語の使用を観察する。
・健康問題に関連して、日本とオーストラリアの間の文化的および社会的な違いを理解する。
・英語力を向上させる。


看護教育プログラムと連携してフルタイムの英語プログラムを受講します。

看護プログラムについて

毎週、現地の医療機関へ訪問して現場担当者の方から 盛りだくさんのお話を聞きます。こちらは義肢装具士の方の 説明を受けているところです。

<アクティブウーマンの看護留学の特長>


アクティブウーマン留学センターは女性専門店の
留学代理店です。留学に必要な手続きを代行無料で行っています。
過去14年に渡り、多くの女性のお客様を送り出してきました。

アクティブウーマン留学センターでは、
オーストラリアはメルボルンにあります
メルボルンランゲージセンター校の英語プラス看護プログラムを
ご手配しています。

開講25周年を迎える人気のプログラムです。

アクティブウーマンの看護留学の特長
学校のスタッフと

特長は?

★英語初級者から受講できる
★36週間、医療現場をじっくり見ることができる
★視察に通訳が同行するので安心
★英語力をしっかり身に付けることができる


看護教育プログラムから見えてくることには、
日本での看護師としての立場から、色んな違いを
知ることができ、大変興味深いものです。

例えば、オーストラリアの看護師の階級・労働条件
の講義では、オーストラリアの看護師の社会的地位が高いことや、
医師と同様に看護師としての立場がはっきりしていることを
知ることができます。

アクティブウーマンの看護留学の特長

学校の建物の真向かいには、The Paramount Clinicいう
日本人スタッフがいる病院があります。
学生さんが体調不良の時にはお世話になる病院だそうです。

アクティブウーマンの看護留学の特長

また、オーストラリアという国は、日本と比べて移民を多く
受け入れてきた移民大国という背景から、医療機関で起こる
患者さんの「死」の取扱いにも、宗教的、精神的なサポートが
充実しています。


例えば、緩和ケアを利用する方のための音声画像の案内ツールには、
11ヵ国語の言語で収録されて、パンフレットも英語だけではなく、
日本語含めた多言語のものが用意されています。


こうした実例を看護教育プログラムで見聞きすることで、現在の
日本での医療現場との違いを知ることができ、今後日本の医療現場がもっと
多国籍が進んでいく中で、必要とされる沢山のヒントを得ることが
できます。


そして、高齢者ケア施設や緩和ケア施設の訪問も
看護プログラムに含まれています。


オーストラリアでは、一カ月以上の長期入院となる場合、
下記のようなリスクを想定して、合理性を考え、
地域の訪問看護施設に移行することが多いそうです。

これからの日本の医療現場では、訪問看護について、もっとよりよいシステムを
構築していき、この分野の専門看護師を増やしていくことが必須であると思います。
こちらの看護教育プログラムを受講することで、そうした日本の現場との違いと比較して
色んな視点で見ることが出来ると思います。


●高齢者の長期間病院待機、ストレッチャー等は、転倒、他からの感染のリスクがある
●患者さんの在院日数を減らすことで、院内感染のリスクを
減らすことに繋がる
●コストダウンを図れる
●在宅、訪問看護はプライバシー、セキュリティ、そして金銭面で
患者さんの制約が軽減される


またASM(Active Service Model)と呼ばれる
誰もが自主的な生活を送りたい意思があるという概念が
基本になっており、患者さんが主体的に自己の健康への
責任をもつ、その為のサポートや教育を行うことも実践しています。

患者さんにとって家族や住みなれた地域に勝るものはないことから
こうした自主性を尊重した医療サポートがあります。


例えば癌患者、加齢による身体的衰弱、認知症の方の
末期医療についても、長期戦となることから、利用する側とケア提供者と
早期コミュニケーションを取ることを必須としています。

対象となる患者さんの多様な病状や生活の質などから、
コミュニケーションを図る上では、治療のプロセス、死に至ったときの
リビング・ウイル(終末期医療における事前指示書)を双方で確認が
行われます。



私達が「英語+看護教育プログラム」をお勧めしているもう一つの
大きな理由は「英語力」です。

高い英語力を身に付けて初めて次のステージに
進むことができます。

*アシスタントナース
*オーストラリアで看護師免許取得
*医療英語を学ぶ


アシスタントナースに挑戦してみたい、オーストラリアで
看護師免許取得を目指したい、これらの進路にはまず、
高い英語力が必要となります。

ここ最近は、日本での医療機関に外国の患者さんが受診される
ことが増えてきています。

現在、医療現場でも患者さんとのコミュニケーションの
取り方としてアサ-ティブコミュニケーションが用いられるように
なり医療従事者にとって重要なスキルとなっています。



しっかりとした揺ぎ無い英語力をつけることで
医療現場で英語のコミュニケーションに困らなくなります。

留学後にきちんとした「結果」を残すのには
確かで揺ぎ無い英語力をつけることです。

アクティブウーマンの看護留学の特長

そしてオーストラリアへの語学留学で得るものは
英語だけではありません。

留学すると現地で生活していきます。語学学校で過ごす以外に
一歩外にでるとオーストラリア人と同じ生活体験をすることが
できるのです。

学校でアルバイト先で、国を超えた色んな人と出会い、
現地の人と同じ生活環境で学ぶことで視野が広がります。

オーストラリアは、ワーク・ライフ・バランス=「仕事と生活の調和」が
取れた社会であるので、人生を楽しむことを知っている方が多く
人生を楽しむために仕事をしている、その姿勢は素晴らしく、
日本での私たちの人生観と大きく違います。

アクティブウーマンの看護留学の特長

メルボルンの有名なフリンダースストリート駅前です。
夜はライトアップされて綺麗なのですよ。




また子供から大人まで、日常的にスポーツを気軽に
楽しみ、健康志向が強い人が多く、スーパーマーケットや町中で
開かれるファーマーズマーケットでは、新鮮なオーガニックフードを
いつも手に入れることができます。


現地で看護留学をしている看護師さんたちは、
日本で色んな経験をしてきた看護師さんと情報交換もでき、
その人たちと出会えて勉強し、仲間になれてとても楽しい、と言います。

OET対策クラスでの受講が実現すると、知り合えるクラスメートは、看護師のみならず、多種の医療従事者になり、より刺激のある会話が可能になります。 



過去多くの看護師さんの相談を受け、
沢山の卒業生を出している私たちだからこそ
本当に役にたつ看護留学プログラムだけを
ご手配していきたいと思っています。



ぜひ英語を操れて世界を知っているナースになって
もどってきてください。

*お客様の声

http://kangoryugaku.com/koe/taiken.php

正規代理店だからサポートは全て無料

オーストラリア看護留学のメリット ビザ代行手続きや現地携帯電話手配、海外送金、保険、航空券などのサポートは全て無料です。

現地学校の正規代理店ですので、お客様からサポート費用は一切いただきません。

現地学校の提示する金額をそのまま掲載。

お振込はその日のレートを適用、海外送金手数料も弊社でご負担致します。

ご自分で直接学校へ申し込むよりお安く手配ができます。

資料請求・無料相談はこちら