女性に安心 の看護留学【オーストラリア女性留学専門:アクティブウーマン】

  • ホーム
  • 無料サポート
  • 留学初期費用
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • 留学申し込み手順

看護留学 看護師・助産師のための海外留学サポート。オーストラリアの看護留学ならお任せください。


お名前
E-Mail

看護メルマガバックナンバーはこちら


オーストラリアの働き方、日本との違い

オーストラリア看護留学 » オーストラリアの働き方、日本との違い
オーストラリアの看護師さんの待遇をご存知でしょうか?

オーストラリアでは、柔軟な勤務体制で働くことができます。
フルタイム(正社員)週40時間勤務、パートタイム(常勤)、
カジュアル(日本でのアルバイト)、そして派遣などを選ぶことができます。

お給料は等級制です。州により違いはありますが、年収は1年目で
$70,702 (約570万)、7年目は$92,954(約750万)となります。
オーストラリアでは、週末に働く場合は1.5倍、祝祭日は2倍の給料が
支給されます。

残業はほとんどなく、年間の有給休暇は、一年目から
6週間取得でき、ロングサービスリーブと呼ばれる長期有給休暇は
勤続10年で、15週間取得できます。

働き方の違い


また、病棟の看護師長に採用権限があり、病棟移動はほぼありません。 
パーソナルリーブと呼ばれる病欠勤休暇は永久的に蓄積されます。
企業年金はありますが、退職金、交通費、住宅手当などはありません。 

給与の面もそうですが、リフレッシュの為の長い有給休暇も
きちんととれるところは日本での就労情況とかなり違うようです。


オーストラリアは、ワーク・ライフ・バランス=「仕事と生活の調和」が
取れた社会であると言えます。 何より、オーストラリアの人々は、
医療従事者に係わらず人生を楽しむことを知っている方が多く
人生を楽しむために仕事をしている、その姿勢は素晴らしく、
日本での私たちの人生観と大きく違います。

働き方の違い

資料請求・無料相談はこちら