女性に安心 の看護留学、ワーキングホリデー【オーストラリア女性留学専門:アクティブウーマン】

  • ホーム
  • 無料サポート
  • 留学初期費用
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • 留学申し込み手順

看護留学 看護師・助産師のための海外留学サポート。オーストラリアの看護留学ならお任せください。


E-Mail


看護師以外への道

HOME » 看護師以外への道
看護以外への道

OET試験に受かり、オーストラリアの看護師になることが
目標の人もいますが

「そこまでのこだわりはない」

という人もいます。

OET試験では医療英語の勉強をします。
そして看護教育プログラムでは看護英語も学びます。

みっちりと医療系の英語を学ぶことで
OET試験を受験しなくても

日本に戻って外国人が多い病院へ勤務する
海外での医療ボランティアへ参加する


といった道もあります。

また、OETコースほど難しくない資格に
Aged Careと言われる老人介護の資格があります。
これは24週間専門学校へ行き、卒業すると資格を取得できます。

この資格を取得して、次はワーキングホリデービザで渡豪し
介護施設でナースとして働くことができます。



ナースは日本中にたくさんいますが

「英語ができるナース」


というと、その数はぐっと減ります。
英語ができるだけで、付加価値があがります。

今、日本には裕福層の中国人が日本の「人間ドック」を受けに
たくさん来日しているそうです。

大きな病院では将来的に英語ができるナースの資格を発行し
それを提示する形で外国人患者の誘致を検討しているそうです。

日本人だけを対象にしていては、病院も経営が難しくなる時代。
英語は絶対に必要不可欠なスキルとなるはずです。

各種お申し込みはこちら