女性に安心 の看護留学、ワーキングホリデー【オーストラリア女性留学専門:アクティブウーマン】

  • ホーム
  • 無料サポート
  • 留学初期費用
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • 留学申し込み手順

看護留学 看護師・助産師のための海外留学サポート。オーストラリアの看護留学ならお任せください。


E-Mail


海外で看護師になるまでの流れ

HOME » 看護留学について » 海外で看護師になるまでの流れ
英会話プログラム+看護教育プログラムでインターナショナルナースになる必要な知識をサポート。

看護留学のプログラム

オーストラリア看護留学はこんな方におすすめ!看護資格には近道があります。


<海外で看護師になる方法>

オーストラリアでは日本の正看護師免許を書き換えることができます。
少なくとも大卒で、正看護師として臨床経験があり、2年以上のキャリアをお持ちの方は、この看護留学をすることで大きなチャンスになるといえます。

英語圏で仕事を探したい、英語を習得して海外ボランティアなど、世界で活躍する夢をもつナースにお勧めです。


オーストラリアで現地就職や、永住権を獲得するには看護協会への登録が必須となっており、そのための手段として2年間約300万円の授業料を出して大学へいくしかないといわれてきました。大学入学の英語力がない場合、まずは基礎英語をつけるために語学学校へ行く期間、その間の生活費までいれると、800万円近い費用が必要です。ですが、卒業したら自動的に全員看護師になれるわけではなく、その後にIELTS7.0かOETのどちらかにパスしなければなりません。結局IELTSかOETが必須のため、大学へわざわざ行く意味がなくなってきました。そのため弊社では大学編入のご手配はやらずに、OET試験対策の準備コースのみご手配しております。


OETは、クラス全員がドクターやナース、歯科医など、世界中から集まった医療技術者です。医療専門の用語だけを勉強するため、即実践に役立つ大変効果的な実践英語の試験対策をします。OETを受講する方法は最も効果的かつ実践的です。OET準備コースで集中的な勉強をすることにより大幅に留学期間が短縮され、このため生活費も含めたお金も時間も大幅に節約されます。オーストラリアで看護師になるための流れはおおまかに以下になります。



OET試験に合格



イニシャル・レジストレーション(大学による研修)



看護協会登録



就職




この「研修」ですが、大学が提供するコースとなり学生ビザが発行されます。研修先の病院に就職するケースもあります。研修は常に行われているわけではなく年に1,2回なので、合格のタイミングによっては、一度日本に帰って研修に合わせて再び渡豪することもよくあります。研修は14週間で、うち実習8週、講義6週です。費用は9000ドルほどかかります。



<看護協会登録の条件>


海外資格保持の看護師登録の申請書には過去5年の職歴を記載するように書いてあります。無ければ審査が通らないと言う条件があるわけではないようですが、全く5年間ないと言うのでは想像する限りおそらく難しいのではないかと思います。 また、大学進学の場合も日本の教育課程を終えたのが10年以上になるとその履修した単位をほぼ認めない大学もあります。そうなると、再度オーストラリアの大学課程が3年必要となります。


また、それでは大卒ならば誰でもOKなのかというと
そんな事もなく書類審査で落とされる場合もあります。


審査には、英語力のほかに、海外で取得した詳細な学歴や職歴を証明する書類等を求められます。 日本の正看護師の学位の場合、その大学が、取得当事、正式な認可や監査を受けていたかどうか、またはシラバスの詳細や特定の履修科目の詳細を求められる事があります。 書類の準備には細心の注意が必要です。


看護師としての臨床経験は具体的に何年、という条件はありませんが最低でも2年あれば問題ないかと思います。


色々と書きましたが、こちらに来れば様々なチャンスはあると思います。まずは海外に暮らし、英語が話せるようになるということを実現し、その過程で自分がどれだけ本気で海外看護師を目指したいのかという気持ちを探っていくと良いと思います。