女性に安心 の看護留学、ワーキングホリデー【オーストラリア女性留学専門:アクティブウーマン】

オーストラリア看護留学 » 看護留学ブログ » オーストラリアでの仕事探しは待つより積極的に

オーストラリアでの仕事探しは待つより積極的に

今回は、アルバイトについてご紹介したいと思います。



自己紹介の時に少し触れましたが、私はCityにある日本食レストランというか、
居酒屋でアルバイトをしています。

数年前にメルボルンに日本の居酒屋ブームというのがあったようで、
City内にはいくつかの日本食レストランや居酒屋があります。



私の働いている居酒屋は、メルボルンの中でも結構有名なお店のようで、
日本人だけでなく、アジア系をはじめとにかくいろんな国の人がやってきます。
私は、ここでウェイトレスとして働いて約3ヶ月になります。



このアルバイトをどうやって探したかですが、
メルボルンに住む日本人向けのインターネットサイトを使いました。
私の(勝手な)留学プランでは、1ヶ月間ホームステイをして、
2ヶ月目で仕事を探すと決めていました。



留学費用に関しては、すごくお金に困っているということはありませんでしたが、
予想よりも物価が高かったのと、看護師の仕事を辞めて働かないという状況が
落ち着かなくてしょうがなかったからです。



そして、ListeningやSpeakingの練習のためにもできるだけ早く働きたいと
考えていました。なので、ホームステイ先を出て、シェアハウスに
少し慣れたころから仕事を探し始めました。



最初は、日本語を話す環境に身を置きたくないという気持ちがあったので、
家を探した時のように、Gumtreeというオーストラリアの
インターネットサイトを当たってみました。



クリーナーやベビーシッター、ハウスキーパーなどのアルバイトがありましたが、
どの場合も経験と英語力という2つの条件をクリアする必要がありました。
英語力に関しては、私の場合日常会話ができる程度だったのですが、
英語でのコミュニケーションがスムーズにできるという状態ではありませんでした。



経験に関してですが、何せ看護師としてしか働いてこなかったので、
その他の経験といえば、大学時代の家庭教師か公文の採点くらいしかありませんでした。
なので、この英語力と経験に関しては、どちらも条件を満たすには厳しい状況でした。



いろいろ考えた結果、日本人向けのサイトで
求人募集をみてアルバイトを探すことにしました。
最初は家の近くの日本食レストランに連絡してみましたが返答がなく、
次に連絡したのが今の居酒屋になります。



同じように日本食レストランで働く日本人の友人の話では、
私のように2件目でアルバイトがみつかるのは運がいい方だと言われました。


Rejume(日本でいう履歴書)を店に持って行ったり、
サイトでアルバイトを探すにしても5件探してやっと連絡がきたりする場合もあるとのことでした。



理由はよく分かりませんが、こちらから連絡しても返答がないというのは、
ここメルボルンではたとえ相手が日本人であっても普通のことらしいです。

私の感覚としては、嘘でもいいので、
求人募集を締め切ったとかなんか理由を言ってもらった方が、
すぐに次の求人を探せるので有難いと思うのですが・・・



私の友人の場合は、しばらく根気強く連絡を待っていたら、
マザーから待っても連絡はこないと教えられたそうです。
皆がそうとは限りませんが、求人募集の返答を根気強く待つというのは
個人的な意見としてはお勧めしません。



こうやってやっと見つけたアルバイトですが、とにかく最初のひと月は大変でした。
何せ食べるのが専門で、提供する側になった経験のない私、
日本語で日々ホスピタリティーを学ぶ日々でした(今もです)。



私の働いている居酒屋は、スタッフ全員が日本人です。
なので、スタッフ同士では日本語で話します。
注文を取ったり、料理の説明をお客さんにする場合は英語で対応しています。



私は中国人に見えるようで、日本人か分からず途中まで英語で対応していたら、
「日本人なんですね」と日本人のお客さんから驚かれるなんてこともあります。



失敗も沢山しました。
間違って違うお客さんに他のお客さんの食事を配膳してしまったり、
全然忙しくないのに階段で転んで生姜焼きを床に落としてしまったりしました。



5名テーブルのお客さん全員が外にタバコを吸いに外に出ている間、
帰ったと勘違いして全部片づけてしまい作り直しになったりなんてこともしでかしました。



オーストラリアでは、屋内でタバコを吸ってはいけないそうで、
禁煙・喫煙席なんてものは存在しません。
タバコを吸いたい人は外に出て吸います。



なので、食事の途中で外に出るというのは良くあることのようですが、
この時の私は何にも知りませんでした。
3ヶ月たった今では、少し慣れたとは思いますが、未だに何かしでかしそうで怖いです。



ですが、何の経験もなく、失敗ばかりする私を、
こうして雇って貰えるだけありがたいと思います。



こんな私のアルバイト生活ですが、時給は12$です。これに賄いがついています。
なので、日本食が割と頻回に食べられるし、当然のことながら自分で作るより
はるかに美味しいです。



私は週4~5日働いているので、ほとんど食費がかかりません。
勉強が優先なので、どこまで両立できるかにもよりますが、
アルバイトをすれば十分に生活できると思います。



手元の資料だと、メルボルンのアルバイト料の目安(週20時間まで)は、
100~350$とのことです。私の周りで働いている友人の話を聞く限り、
日本食レストランや居酒屋の時給は10~15$前後のようです。



オーストラリアの最低賃金は17$だそうで、
日本食レストランは時給が安いとマザーにも言われました。
私の中国人の友人は中華料理店のバイトで時給9$だそうです。



なので、時給に関してはグレーゾーンですが、
賄いも食べれるし(食べるの大好きなので)、忙しくて中々ゆっくり
話すことはできませんがスタッフの皆さんも優しいし、
私は今の環境に満足しています。



今メルボルンでアルバイトをしている方、始めたばかりの方、
はじめはとにかく大変だと思います。
もともと英語環境な上に、慣れない仕事、勉強との両立、
日本のようにすぐに友達と分かち合ったりしてストレス発散できなかったりもします。



私のように全く新しいことを始めた場合も、本当に大変だとは思いますが、
これもひとつのいい経験として共にがんばりましょう。
そして、これからアルバイトを探す方、現在留学をご検討中の方には、
一つの情報として頭の片隅にでも留めて頂けるとうれしいです。



今回は少し長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。


看護留学ブログ一覧はこちら

資料請求・無料相談はこちら


お名前


E-Mail

看護メルマガバックナンバーはこちら